中小企業会計要領

中小企業会計要領

「中小企業の会計に関する基本要領(中小会計要領)」とは?
・中小会計要領とは中小企業の実態に合わせて策定された会計ルールです。
・当事務所では、この基準にのっとった財務書類作成を奨励しています。
上場企業などとは違い、中小企業は厳しい会計基準を適用する必要はありませんが、一定の会計基準を満たした財務書類を作成することで、経営者が必要な情報を正確に入手し、それに基づき自社の経営状況を的確に把握することができます。
・この中小会計要領は以下のような中小企業の実態に合わせて策定されました。
・ 経理部門に割く人員が少なく、高度な会計処理を行うための知識や能力がある人が会社にいない。
・ 会計情報を開示する先が、金融機関、税務当局、取引先および同族の株主などに限られている。
・ 会計処理が主に法人税法で定められたもので行われている場合が多い。
「中小企業の会計に関する基本要領」を導入するメリット
中小会計要領に沿って会計処理を行うことのメリットとしては大きく2つあります。

1つ目は自社の経営判断を正しく行うため

会計処理をこの会計ルールに沿って作成することで、より自社の経営状況が正確にあらわした財務書類が作成できます。自社の正しい経営状況を知らない経営者が正確な経営判断を下すことはできません。まずは自社の立ち位置を知り、どうしていくべきかの判断をスピーディーに下していくのに重要なツールとなります。

2つ目は金融機関や取引先、株主からの信用力を高めるため

自社と利害関係にある者(金融機関、取引先、株主など)へこの会計ルールに沿った決算書などを用いて説明や情報提供を行うと信用力が高まり、資金調達や取引先との契約や拡大をスムーズに進める効果が期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする